ネットワークビジネス成功の知恵袋

最新情報

mlmのビジネスモデルは、ほんと素晴らしいです!!

 

改めてMLMビジネスモデル)について説明します。

日本には、1960年代にアメリカからやってきました。

MLMはマルチレベルマーケティング・プラン略称です。

日本では、マルチ商法とも言われています。

日本では、「特定商取引法」で 連鎖販売取引として定められいて、

この法律で規定されています。

良く、ねずみ講(無限連鎖講)と間違われますが、まったく違います。

ネズミ講は、流通する物が無く、お金だけが動きます。

トップの人だけが儲かる、それ以外の人は損する仕組みになっています。

MLMきちんと商品があり、その商品が流通します。

a0001_012473

 

MLMは完全に合法なビジネスなのです。

MLMは、消費者が販売員にもなります。

そして、自分が紹介した消費者や販売員を増やしていき、宣伝費としての

報酬をもらうことで、収入へと結びついていくというビジネスです。

MLMには、以下の2つの種類があります。

・販売型ビジネス:ある程度の在庫を持ってそれを販売する。

・ 購買型ビジネス:在庫を持たず、一定条件を満たす自己消費分をだけを購入して、
同じように購入する人を増やしていく。

今、日本で多いのは販売型ビジネスが、これからは、購買型ビジネスがふえるのでは

と言われています。

MLMは特定商取引法で以下のように定義されています。

物品の販売(役務の提供)の事業であって

再販売、受託販売もしくは販売の斡旋(または役務の提供もしくはその斡旋)をする者を、

特定利益が得られると誘引し、 特定負担を伴う取引(取引条件の変更を含む)をするもの。

販売型・購買型 ネットワークビジネス でも、特定商取引法の規制を受けます。

MLMは、法律を守り、良心に従い真面目に「人に嫌なことはしない」と言うことで

活動するならば誇りをもって、健やかに取り組むことの出来る立派なビジネスです。


  【 クリック→ 】今までのネットビジネス失敗を取り戻したいあなたへ






タグ

mlmの報酬プラン、ブレイクアウェイ

 

mlmの報酬プランの一つにブレイクアウェイと言うものがあります。

mlmの報酬プランでは、歴史が長く、伝統的な報酬プランになります。

獲得したダウンの製品流通に応じた報酬を受け、人数の制限はありま

せん。

mlm ブレイクアウェイ

そのダウンの中から、mlm会社の決める基本条件を満たす人が誕生すると、

アップラインからブレイクアウェイして、自分自身のグループを形成します。

アップから独立枝分かれと言うことで、ブレイクアウェイ(独立枝分かれ)

と呼ばれています。

ブレイクアウェイ方式は、自分がスポンサーした人から始まるレベルに対応した

報酬を受け取り、その段階に制限はありません。

ただし、混合プランとして制限がある報酬プランの場合もあります。

また、自分のダウンでブレイクアウェイしたリーダーの数で、それぞれの

ブレイクアウェイグループの指定された段階までのレベルからも報酬を

受けます。

ブレイクアウィエウの恩恵を十分に受けるには、大勢のダウン育て、彼らが

条件をクリアしてブレイクアウェイするようにする事が重要です。

 

ブレイクアウェイ方式のメリット

・わかりやすい = 説明しやすい

・ダウンを育てる事、ブレイクアウェイを多くさせる事ができるスーパーリーダータイプの人は、高額収入を期待できる

 

ブレイクアウェイ方式のデメリット

・ダウンがブレイクアウェイした際に、一時的に収入が減るので、次から次にダウンを獲得する必要あり

・タイトル維持、タイトルアップのためのノルマを達成する為に、買い込み、強引な勧誘、ダウンラインへの買い込み強要といった事が

起こる可能性がある。

 

ブレイクアウェイは、歴史のあるmlm会社が採用しているケースが多く、リーダーになって

大きな組織を作るまで、収入は増えにくいと言われ、実際そうです。

副業と言うよりは、代理店って感じが強いです。

しっかり、ビジネスの意識をもち、計画的かつコツコツと努力していく

必要があります。

で、上手く行った暁には、月収100万円、1000万円と獲得することも

可能です。

 

【 クリック→ 】あなたのネットワークビジネスの失敗を検証です


タグ

mlmはビジネスです。

 

mlmビジネスです。

mlmは日本語にするとマルチレベル・マーケティングです。

ま~、ビジネス手法ですね。

物を売って、儲けるってことです。

mlm ビジネス

ただ、mlmが普通の流通と違うのは、ただ物を売るのではなく、

物を売ると同時に、その売った相手に売った物を売ってもらう、

そしてその利益の何%かを紹介した人に支払うって仕組みになって

いることです。

ビジネスメンバーを増やすことで製品が売れ、そのビジネスメンバーが

ビジネスメンバーを獲得すれば、そのビジネスメンバーからお金が入って

来るんです。

なので、mlmは一生懸命、ビジネスメンバー(ディストリビューター)を

獲得します。

mlmは、口コミで商品を売る、ビジネスメンバーを獲得するビジネスです!


  【 クリック→ 】ネットワークビジネス成功の極意



タグ

MLMの情報発信をブログで行う!

 

ブログ

沢山の方がブログを書かれています。

一般の方から、法人、お店、芸能人。

日記の方もいれば、会社やお店の情報、商品の情報をアップしています。

MLMも同じです。

mlm ブログ

ブログMLMの情報を発信しています。

ブログが出てくるまで、ホームページしかインターネットで情報を発信

出来ませんでした。

ホームページは、HTMLで記述する必要があり、専門的知識が不可欠でした。

しかし、ブログの登場で、ワード感覚で情報が作成でき、簡単なHTMLの

知識でより良いブログに出来るようになりました。

無料のブログサービスのたくさんあります。

アメバ、FC2、seesaa、忍者ブログなどなど。

ただMLMなどのビジネスブログを書いて良いのは、FC2とseesaaのみです。

これを無視すると、ブログの削除って言う罰を受けます。

MLMなどのブログを書くなら、レンタルサーバーを借り、独自ドメインで

ブログを作成した方が良いでしょう。

大抵のレンタルサーバーにはWordPressやMovable Typeなどのブログシステムが

使えるようになっています。

レンタルサーバーなら、ブログ削除の心配が少ない(レンタルサーバー自体が

なくなったらどうしようもないですが)ので安心して、MLMなどのビジネス

用途でブログを書けます。

ブログ、画期的なシステムだと思います。

 

【 クリック→ 】今までのネットビジネス失敗を取り戻したいあなたへ





タグ

2014年5月 8日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:mlm ブログ

mlm and facebook。「いいね!」してる?


SNSとして確固たる地位を築いた「facebook」。

facebookを使っている人もたくさんいるでしょう。

世界で12億の人が使っていると言われるfacebookです。

それだけ人が集まっている場所には、ビジネスチャンスがあります。

mlm and facebook

世界各国の企業がfacebookページを開設し、ビジネスに活用しています。

では、mlmでの利用はどうなのか?

mlm企業は、意外にfacebookページを開設していないようです。

口コミなどコミュニケーションを主体にしているビジネスにも関わらず

facebookページすら開設していないとは。

で、とある雑誌で、mlm主宰企業のfacebookページ「いいね!」数ランキングが

掲載されていました。

意外と少ないです。

日本初のSNSであるmixiでmlmの勧誘が問題になりましたが、その影響もある

のでしょうか?

私はfacebookをメンバーの交流の場として使うことが多いですね。

勧誘活動でも使えそうな気がしますが。。。

facebook
はビジネスOKなので、もっとmlmの勧誘が活発になってもいいような

気がします。

 

【 クリック→ 】超話題!自由な時間をインターネットで得た方法

 




タグ

mlmとアフィリエイトは同じなの?違う?

 

mlmアフィリエイトと違うのですか?」という質問を貰うことがあります。

アフィリエイトはASPに会員登録し、そこから自分のブログやサイトで紹介したい

商品やサービスを選びます。

殆どのASPでは、商品のタグを提供していて、そのタグを自分のブログやサイトに

コピペすればいいようになっています。

そこで、紹介した商品が売れたり、広告をクリックされたりすることで報酬が発生

するのがアフィリエイトです。

アフィリエイトは成果報酬です。

有名なASPとして「楽天」「アマゾン」「yahooショッピング」「A8ネット」「バリューコマース」

「リンクシェア」「電脳卸」「アドセンス」などがあります。

あと、アフィリエイトは、無料でやれると言う大きな特徴があります。

しかし、アフィリエイトで稼ごうと思ったら、自分のサイトをアクセスアップを図る必要が

あります。

mlm アフィリエイト

その為に、SEO対策を行ったり、紹介する商品も売れ筋を考えたり、今、何が旬の

検索キーワードなのかを常に調査する必要があります。

また、Googleや読者に興味をもっていただくブログやサイト記事を考えてアップしな

ければなりません。

常に新規のお客さんを探し続けなければいけません。

去年、Googleが実施したパンダやペンギンアップデートで、今まで上位だったサイト

がで突然圏外に飛ばされ、サイト訪問者が急激に減り、それに伴い売上も減った

と言う人もいたようです。

アフィエイトはGoogleとともにあるって感じです。

それと比べて 「mlm」 は、商品の流通が目的となります。

自分が気に入っている商品を愛用し続ける、それを知人・友人に紹介する、商品を

気に入った人と一緒にビジネスを行うと言った特徴があります。

mlmの商品を好きになる、それを愛用し続ける、それを自信を持って他の方にも

薦めることができる!

これが基本です!

アフィリエイト」の報酬は、基本的に一度きりです。

しかし、「mlm」の報酬は、辞めない限り、ず~っと続きますし、子供や両親に引き

継げるんです。

これが一番大きな違いで「mlm」の凄いところ、醍醐味と言えます。

mlmの場合、継続的な権利収入が生み出されます。

サイトが突然圏外に飛ばされても、収入が急激に減る事はありません。

それは、一緒にmlmビジネスを行っている仲間からの定期的な購入があるからです。

ここがアフィリエイトとmlmの大きな違いです。

権利収入がある、これがmlmの大きな特徴です。

あなたも権利収入を得るために、mlmを始めてみませんか?

まずは、無料のメールセミナーを開催しています。

いつでも解除可能なので、気軽に申し込んでください。

【 クリック→ 】ネットワークビジネス成功の第一歩は気軽なメールセミナー購読から



タグ

【必読】mlm バイナリー緊急レポート

 

mlmの報酬プランの1つとして、バイナリープランと言うものがあります。

これは、自分が何人勧誘しても自分の1レベル目には2人しか付ける事ができない

と言うルールがあります。

3人目以降は自分から2レベル以降の特定の位置に配置され、左右と言う感じに

振り分けられて組織構築されるシステムです。

振り分けの事をスピルオーバーと呼びます。

また、コンピュータによって自動的に配置されるシステムをオートポジショニングと

呼びます。

mlm バイナリー

 

バイナリープランで最もオーソドックスな支払いの仕組みは、一定の売り上げ基準を

設けて、左と右の少ない側がその基準に達した時に、一定の報酬が払い出されるます。

これは、何度も繰り返されるため「サイクルボーナス」とも呼ばれます。

この場合、払い出しレベルの下限設定が無いので永久還元となります。

しかし、片方が伸びて、片方が止まってしまうと収入は発生しづらくなります。

つまり、売り上げが少ない方を基準にするのがバイナリープランです。

左右のバランスが大切なプランですね。

最近は、バイナリープランに、複数のプランを複合させて、片伸びしても一定の収入が

発生するように工夫したものが増えてきています。

また、自分が直接勧誘したダウンとアップが付けたダウンで報酬が違うってのもある

ので注意が必要です。

 

私、子供のために会社やめました。収入はネットワークビジネスからです!







タグ

mlm 法律 Tipsまとめ

 

mlm法律と言えば、特定商取引法です。

特定商取引法において、訪問販売、通信販売、電話勧誘販売、連鎖販売取引等

販売形態ごとに規程されています。

で、第三章の「連鎖販売取引」の箇所がmlm関連です。

 

 mlm 法律

 

【特定商取引法 第三章 連鎖販売取引】

第三十三条(定義)

第三十三条の二(連鎖販売取引における氏名等の明示)

第三十四条(禁止行為)

第三十四条の二(合理的な根拠を示す資料の提出)

第三十五条(連鎖販売取引についての広告)

第三十六条(誇大広告等の禁止)

第三十六条の二(合理的な根拠を示す資料の提出)

第三十六条の三(電磁的方法による広告の提供を受けることを希望しない旨の意思の表示を受けている者に対する提供の禁止)

第三十七条(連鎖販売取引における書面の交付)

第三十八条(指示)

第三十九条(連鎖販売取引の停止等)

第四十条(連鎖販売契約の解除等)

第四十条の二

第四十条の三(連鎖販売契約の申込み又はその承諾の意思表示の取消し)

 

法律は、難しく書かれていますが、簡単に言うと以下のようになります。

○ウソで勧誘してはダメ。

○知らせるべき事を知らせない事の禁止。

○勧誘、契約解除の際に、威圧したり困惑させる事の禁止。

○勧誘する事を告げずに、公衆の出入りする場所以外の場所に誘ってはダメ。

○かかる費用を明確にする。

○商品、仕事の内容を明確にする。

○報酬の条件、金額、根拠を明確にする。

○勧誘する人は、氏名、住所、電話番号を明確にする。

○上記について、契約前に書面で交付する。

○20日間のクーリングオフ期間を設ける。

 

mlmを行うなら、特定商取引法 第三章 連鎖販売取引の理解が必須です。

mlmに限らず、生活する上で法律はきちんと守っていくものです!!

 

【 クリック→ 】寝てる間にインターネットでダウンを獲得するネットワークビジネス

 



タグ

2014年2月20日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:mlm 法律

mlmって2種類あるって知ってましたか?

 

MLMは、販売型と購買型の2つの種類に分類することが出来ます。

日本での主流は販売型のようですが、MLMの本場アメリカでは、購買型がどんどん

増えてきているようです。

販売型、購買型の2種類について簡単に説明したいと思います。

a0006_002559

 

【販売型】

MLM企業が取り扱っている商品を販売することで組織を拡大していきます。

普通の商売と同じで、自ら仕入れた製品を販売して、仕入れ額と販売額との

差が自分の利益となります。

商品をどれだけ購入して在庫にするか、自分の組織内でどのくらい販売して

いるかなどで、ランクが決まりす。

そのランクによって、仕入れ値が変わったり、特別なボーナスが支給されるのが

一般的です。

この方式は、口コミがメインとなります。

人と話すのが好き、話しが上手いなど、人と接するのが好きな方には向いている

と思います。

もし、そうでないなら、商品が捌けず、大量の在庫を抱えることとなります。

結局は、商品が大量に残る、借金が増えるといったことが起こりえます。

コンビニなどのフランチャイズと同じだと思って下さい。

自分の力で売る!

そうでないと収益にはなりません。

その事をしっかりと把握したうえで取り組むようにしましょう。

 

【購買型】

簡単に言えば、在庫を持たないMLMです。

自分で使用する商品を購入するだけで、MLMビジネスに参加できます。

ビジネス会員になるために最低購入額の定められているようです。

その金額は、月に数千円から数万円くらいまで様々なようです。

自分の愛用している商品を他人に紹介して、会社から買ってもらうことで、

紹介手数料が発生するというシステムになっています。

アフィリエイトととても似ています。

自分は愛用している商品を紹介するだけで、直接は販売することはありません。

なので、在庫を持つ必要がありません。

販売型に比べ、低リスクです。

その為、アメリカでは購買型が人気が高まってきているようです。

日本も徐々にこういった企業が増えるかと思います。

始めやすいということは、途中で辞めてしまう人も多いというデメリットもあります。

しかし、個人が副業で始めるなら購買型がオススメだと思います。


 【 クリック→ 】私、子供のために会社やめました。でも、収入は大丈夫です



タグ

2014年2月12日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:mlm 種類

改めて説明します、MLMとねずみ講

 

ネズミ講は、商品を媒介せずに金品のやり取りを行うことです。

加入者が先に加入した人に支払う配当組織です。

金品には、金銭のほかテレカ、プリペイドカードなどの有価証券も含みます。

永遠に会員を集めないと破綻してしまうのがねずみ講。

始めた人だけが儲かり、それ以外の会員は損をします。

ネズミ講はもちろん無限連鎖講と呼ばれて違法行為です。

MLMは「Multi Level Marketing」の略です。

日本では「ネットワークビジネス」と呼ばれているマーケティングです。

MLMは、消費者が商品を販売することに参加できます。

この消費者のことをディストリビュータと呼ばれることが多いです。

最近は、アソシエイターとも呼ばれてます。

mlm_ネズミ講_違い

MLMは店舗販売でなく口コミでの紹介販売と言うことが大きな特徴です。

本来は商品の流通を起こす、あるいは作る、という事が目的です。

そして、報酬はその流通量がどれくらいか、という事で決まってくる、マーケティング

システムの一つの形態です。

MLMは違法ではありません。

 

【 クリック→ 】育児と家事の合間に賢く行う副業はネットワークビジネスです

 


タグ