ネットワークビジネス成功の知恵袋

最新情報

mlm and facebook。「いいね!」してる?


SNSとして確固たる地位を築いた「facebook」。

facebookを使っている人もたくさんいるでしょう。

世界で12億の人が使っていると言われるfacebookです。

それだけ人が集まっている場所には、ビジネスチャンスがあります。

mlm and facebook

世界各国の企業がfacebookページを開設し、ビジネスに活用しています。

では、mlmでの利用はどうなのか?

mlm企業は、意外にfacebookページを開設していないようです。

口コミなどコミュニケーションを主体にしているビジネスにも関わらず

facebookページすら開設していないとは。

で、月刊ネットワークビジネス(2013年9月号)にて、mlm主宰企業の

facebookページ「いいね!」数ランキングが掲載されていました。

意外と少ないですね~~。

順位 mlm会社名 いいね!数
1位 日本アムウェイ 20,247個
2位 ジャパンライフ 9,883個
3位 エイボンプロダクツ 7,767個
4位 オードビー・ジャポン 3,060個
5位 日本タッパーウェア 1,633個
6位 モリンダジャパン 1,605個
7位 アルソア本社 1,581個
8位 ニューウエイズジャパン 1,451個
9位 ナチュラリープラス 1,217個
10位 ペレ・グレイス 1,656個

 

日本初のSNSであるmixiでmlmの勧誘が問題になりましたが、その影響もあるので

しょうか?

私はfacebookをメンバーの交流の場として使うことが多いですね。

勧誘活動でも使えそうな気がしますが。。。

facebookはビジネスOKなので、もっとmlmの勧誘が活発になってもいいような

気がしますが、何かあるのかって勘ぐってしまいます。

 

【 クリック→ 】超話題!自由な時間をインターネットで得た方法

 




タグ

アメリカで評判のmlm起業「visalus」

 

visalus(ヴィサラス)というmlm企業をご存知ですか?

アメリカは、コネチカット州に本社を置く企業です。

HP:http://visalus.com/

visalus(ヴィサラス)mlmが凄く評判良いようです。

visalus(ヴィサラス)mlmは、今までのmlm企業とは違った戦略でダイエット食品の

愛用者を多く獲得しているとのことです。

mlm visalus

visalus(ヴィサラス)は、自分のダイエットする姿を交流サイト(SNS)に投稿することで

ゲーム感覚でダイエットを楽しみ、優勝者には賞金が出ます。

また、visalus(ヴィサラス)mlmとして商品にしているのは美味しい数種類のダイエット

シェイク、ダイエットフレーク、フレークを飽きないようにする美味しいフルーツフレーバー

です。

つまり、食事の代りに美味しいおやつ感覚のフレークやシェイクを食しながら、SNSで他の人と

切磋琢磨しながら、ダイエットを競うというのがvisalus(ヴィサラス)の評判をよくしている

理由のようですね。

ダイエットを一人で行うと辛いものです。

それを交流サイト(SNS)で同じ志の人と競争しながら、また励ましあいながらダイエットを

行っていることのようです。

製品とダイエッターの交流の場を提供し、会員にダイエットの成功へと導く、この方法が話題を

読んでいるようです。

visalus(ヴィサラス)のダイエット商品や交流サイト(SNS)なら、友達にどんどん口コミで

広がっていきそうですよね。

でも、悲しいかな社会的にmlmというだけで忌み嫌う人が多いのも実情です。

せっかく良い製品を教えてあげたのに、mlmだとわかった途端に迷惑そうな顔をされたら悲しい

です。

なので私は、凄く気に入った製品だとしても知り合いに口コミしない方法を探しました。

そして、友人・知人を誘わない方法がないかも探しました。

そんな上手い話なんかあるか!!

そう思っているあなた、私の見つけた究極のダウン獲得法を見て下さい。

この話が嘘じゃないことを知って欲しいので完全無料で公開します。

それは、こちらです。

↓↓↓↓↓

私が見つけた自動ダウン構築システムはここ。






タグ

2014年4月19日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:mlm visalus

大注目のmlm企業「アリックス」

 

2011年にアメリカのユタ州で開業したmlm企業のアリックス

現在、世界14カ国で事業を展開し、2012年12月期の合計売上高は、32億2000万円、

会員数は6万5000人にもなっているそうです。

特にアメリカ、日本、中国、台湾、オランダの業績が伸びているそうです。

mlm アリックス

日本では、2012年10月にアリックスジャパンがキックオフを開催しました。

「日本のmlm業界を変える!」

という凄い目標を掲げています。

そして、会員数は既に1万2000人を超えているそうです。

日本での会員数は20万人を最終目標にしているそうです。

凄いですね!!

日本ではまだ個人輸入の段階だそうです。

でも、今後グランドオープンを迎え、製品の数も増えたら、凄い勢いで成長して

行くのではないかと私は思います。


またアリックスには、あのティム・セールス氏が参加しているのも注目されている

一つです。

ディム・セールス氏の有名な本で「億万長者入門」てのがあります。

また、ディム・セールス氏は以前mlmで大成功し、バックグランドに徹し、mlm

教材や本を作成してきました。

彼は、現場復帰しないと噂に聞いていたので、アリックスに参加したと聞いて、とても

驚いています。

ディム・セールス氏の教えが、アリックスのディストリビュータに伝わり、実践されたら

凄いことになるのではないでしょうか。

mlmのカリスマが認めるアリックス、今後、注目のmlm企業と言えます。

 

【注目→ 】ネットワークビジネスで成功して金持ち父さんになろう






タグ

mlmのacn、日本上陸ならず!!

 

acn、アメリカ最大の電気通信事業者で、mlmとしても世界最大の会社です。

世界23か国で展開しています。

主な事業は、一般電話やインターネットサービス、携帯電話などのサービスです。

アメリカの不動産王のドナルド・トランプ氏がacnのトップ経営陣コーチとして加わり、

顔と名前を公表し、DVDや雑誌などでこの会社を推奨しました。

また、acn主催のイベントなどでゲストスピーカーとして登場するなど、acnをバック

アップしています。

mlm acn

そんな凄いmlmの会社であるacnが日本上陸かって、mlm業界で盛り上がった時期が

ありました。

ネットでは、世界規模のmlm企業が日本に上陸したら、凄いことになるのではと盛り

上がっていました。

しかし、2ちゃんねるの投稿に「acnは事実上日本上陸を断念した」と2012年春に

書かれました。

その理由は「日本の通信法規にacnのシステムが合わない」、つまり日本では会社の

社員でも株主でもなく、また電気通信事業者でもない人間が回線再販という事業で、

利益を受け取れないということらしいです。

日本の電気通信事業法に引っかかったんでしょうか?

また、日本でacnが盛り上がったのは、日本の会員が先走りして会社の規約を無視して

サイトを乱立させたためとも言われています。

acnは許可された、または支給されたHP以外でのネット活動は禁止なのに、違反して

活動していたようです。

夢物語だったようですね、acnの日本上陸は。

 

残念と思っているあなたにオススメのmlmがあります。

まずは、下記の無料セミナーを受講してみて下さい。

【 クリック→ 】mlm成功無料メールセミナー










タグ

2014年4月 2日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:mlm acn

mlmとアフィリエイトは同じなの?違う?

 

mlmアフィリエイトと違うのですか?」という質問を貰うことがあります。

アフィリエイトはASPに会員登録し、そこから自分のブログやサイトで紹介したい

商品やサービスを選びます。

殆どのASPでは、商品のタグを提供していて、そのタグを自分のブログやサイトに

コピペすればいいようになっています。

そこで、紹介した商品が売れたり、広告をクリックされたりすることで報酬が発生

するのがアフィリエイトです。

アフィリエイトは成果報酬です。

有名なASPとして「楽天」「アマゾン」「yahooショッピング」「A8ネット」「バリューコマース」

「リンクシェア」「電脳卸」「アドセンス」などがあります。

あと、アフィリエイトは、無料でやれると言う大きな特徴があります。

しかし、アフィリエイトで稼ごうと思ったら、自分のサイトをアクセスアップを図る必要が

あります。

mlm アフィリエイト

その為に、SEO対策を行ったり、紹介する商品も売れ筋を考えたり、今、何が旬の

検索キーワードなのかを常に調査する必要があります。

また、Googleや読者に興味をもっていただくブログやサイト記事を考えてアップしな

ければなりません。

常に新規のお客さんを探し続けなければいけません。

去年、Googleが実施したパンダやペンギンアップデートで、今まで上位だったサイト

がで突然圏外に飛ばされ、サイト訪問者が急激に減り、それに伴い売上も減った

と言う人もいたようです。

アフィエイトはGoogleとともにあるって感じです。

それと比べて 「mlm」 は、商品の流通が目的となります。

自分が気に入っている商品を愛用し続ける、それを知人・友人に紹介する、商品を

気に入った人と一緒にビジネスを行うと言った特徴があります。

mlmの商品を好きになる、それを愛用し続ける、それを自信を持って他の方にも

薦めることができる!

これが基本です!

アフィリエイト」の報酬は、基本的に一度きりです。

しかし、「mlm」の報酬は、辞めない限り、ず~っと続きますし、子供や両親に引き

継げるんです。

これが一番大きな違いで「mlm」の凄いところ、醍醐味と言えます。

mlmの場合、継続的な権利収入が生み出されます。

サイトが突然圏外に飛ばされても、収入が急激に減る事はありません。

それは、一緒にmlmビジネスを行っている仲間からの定期的な購入があるからです。

ここがアフィリエイトとmlmの大きな違いです。

権利収入がある、これがmlmの大きな特徴です。

あなたも権利収入を得るために、mlmを始めてみませんか?

まずは、無料のメールセミナーを開催しています。

いつでも解除可能なので、気軽に申し込んでください。

【 クリック→ 】ネットワークビジネス成功の第一歩は気軽なメールセミナー購読から



タグ

よくわかる! mlm アメリカの移り変わり

 

mlmの発祥地は、アメリカです。

最初の創業は、「ニュートリライト・プロダクツ」と言う会社で、カリフォルニア州に

あったそうです。

1934年創業みたいで結構古いですよね。

確か、第二次世界大戦前かと。

他に「スワイプ」も誕生してます。

この時代がmlmにとって黎明期だとのでしょう。

その後、各国に広まり、現在に至っています。

mlm アメリカ

日本にあるネットワークビジネスの会社も本拠地は、アメリカの会社が多いです。

アムウェイ、ニュースキン、ハーバーライフなどなど。

アメリカから上陸したり、日本で発祥したmlm企業。

なぜか日本では、mlmというのは世間で悪いイメージがあります。

その理由として考えられるのは、

興味ないのにしつこく誘われ、嫌な気分になった。

悪いイメージがあるので誘うことができない。

などが挙げられます。

ようは、友人・知人を勧誘することが悪いと言うか嫌な理由のようです。

無理な勧誘をして、評判を落とす会社もあるようです。

では、興味のある人に来てもらえるmlmがあるとしたら、どうでしょうか?

インターネットを利用して、こちらから、嫌がる相手を勧誘することなく、興味の

ある人から来てもらえるビジネスです。

信頼のおけるmlmの会社を選べは、製品も適正な価格、在庫も抱えることなく、

報酬プランも 納得できます。

完全在宅で、自分の自由な時間を使って、将来的に、年金のような不労所得が

得られるようになるのです。

あなたが口コミしないmlmに興味があるというのならまずは、クリックしてください!!

【 クリック→ 】寝てる間にインターネットでダウンを獲得するネットワークビジネス






タグ

【必読】mlm バイナリー緊急レポート

 

mlmの報酬プランの1つとして、バイナリープランと言うものがあります。

これは、自分が何人勧誘しても自分の1レベル目には2人しか付ける事ができない

と言うルールがあります。

3人目以降は自分から2レベル以降の特定の位置に配置され、左右と言う感じに

振り分けられて組織構築されるシステムです。

振り分けの事をスピルオーバーと呼びます。

また、コンピュータによって自動的に配置されるシステムをオートポジショニングと

呼びます。

mlm バイナリー

 

バイナリープランは、1990年代、米国のmlm企業「ザ・ライトソリューション(TRS)」が

日本に広めた報酬プランで、そんなに歴史は経っていないが、近年日本で急成長した

プランとなっています。

バイナリープランで最もオーソドックスな支払いの仕組みは、一定の売り上げ基準を

設けて、左と右の少ない側がその基準に達した時に、一定の報酬が払い出されるます。

これは、何度も繰り返されるため「サイクルボーナス」とも呼ばれます。

この場合、払い出しレベルの下限設定が無いので永久還元となります。

しかし、片方が伸びて、片方が止まってしまうと収入は発生しづらくなります。

つまり、売り上げが少ない方を基準にするのがバイナリープランです。

左右のバランスが大切なプランですね。

最近は、バイナリープランに、複数のプランを複合させて、片伸びしても一定の収入が

発生するように工夫したものが増えてきています。

また、自分が直接勧誘したダウンとアップが付けたダウンで報酬が違うってのもある

ので注意が必要です。

 

ところで、あなたはmlmにどのような印象をお持ちでしょうか?

マルチ商法、違法な悪徳商法、ねずみ講などと、危険なイメージがあるのも事実です。

被害や苦情、詐欺、評判の悪い会社が存在していることも残念な話です。

mlmの会社は数多く存在し、製品も会社も素晴らしい会社があることも、

これまた事実です。

元手となる資産がなくても、権利収入や不労所得を構築するには最適なビジネスだと

分かっていても、やらない理由はあるのでしょうか?

mlmをやるうえで皆さんが一番したくないと、それは、友人・知人を勧誘することでは

ないでしょうか?

知合いをリストアップして電話をかけて勧誘する、そんな手法には限界があるし、

友人を失いかねません。

「友達を失いたくない!」「友達を勧誘したくない」と考えている人は多いと思います。

友人・知人を勧誘する口コミのmlmは、もうコリゴリ・絶対やらないって思っている

人も多いでしょう。

しかし、興味のある人にに来てもらえるmlmがあるとしたら、気になりませんか?

インターネットを利用し、嫌がる相手を勧誘することなく、興味のある方から来てもらえる

mlmがあるとしたら、どう思いますか?

興味はありませんか?

興味のある方から来てもらえるので、ストレスは殆ど無いですし、完全在宅で、

自分の自由な時間を使って、将来的に、年金のような不労所得が得られるように

なるのです。

一日1~2時間コツコツと継続することで、成果を出すことができます。

あなたが他人を勧誘せずに、夢を叶え成功出来る方法に興味をあるのならば、まずは

クリックしてください!

↓↓↓↓↓

私、子供のために会社やめました。
収入は口コミしないネットワークビジネスからです!








タグ

mlm世界の売上ランキングです!!

 

mlmの雑誌「月刊ネットワークビジネス」が2013年売上高ランキングを発表しました。

今回、1月発表の速報版となってます。

調査対象の会社が1年前の調査より4社減ってますね。

121社がランキングに登場しています。

mlm ランキング 世界

121社の合計売上高は、前年と比べて0.5%減って7122億1400万円となっています。

前年と比べ、ほぼ横バイ状態で、昨年まで6年連続で全体売上高が減少でしたが、

なんとか歯止めがかかっていますね。

また、増収の企業も増加傾向となっており、次年度以降のmlm業界が成長路線に

転ずることも期待できるとのことです。

 

【ネットワークビジネス2013年売上高ランキング】

順位 社名 売上高実績(百万円)
1 日本アムウェイ 93,749
2 三基商事 80,000
3 ニュースキンジャパン 39,726
4 フォーデイズ 37,690
5 アシュラン 34,000
6 ノエビア 25,500
7 フォーエバーリビングプロダクツ 23,520
8 シャルレ 21,271
9 ナチュラリープラス 20,360
10 ジャパンライフ 19,200
11 モリンダジャパン 18,500
12 ベルセレージュ 17,000
13 ニューウェイズジャパン 16,800
14 エイボン・プロダクツ 14,784
15 高陽社 14,400
16 日本シャクリー 12,032
17 モナヴィージャパン 11,000
18 赤塚 8,500
19 日本タッパーウェア 8,000
20 シャンデール 7,400

 

上位20社は、2013年度)とほぼ変わりませんね。

増収を達成した会社は、1位の日本アムウェイ、3位のニュースキンジャパン、

4位のフォーデイズ、7位のフォーエバーリビングプロダクツ、9位のナチュラリープラス、

12位のベルセレージュ、17位のモナヴィージャパンの7社です。

大手mlm企業が復調してます。

このことが、mlm業界(世界)全体の売り上げを押し上げていますね。

日本アムウェイの昨年12月の売上高は、前年と比べて1.8%増の937億4900万円だそうです。

ディストリビューターの数は前年より2万組も増えて、約74万組だとか。

新製品を出したおかげで、若い世代の会員を増やしているとのこと。

ニュースキンジャパンも前年と比べて6%増の397億2600万円だそうです。

サプリメント、当社初のボディ専用美容機器「ガルパニック ボディスパ」が好調だったとのこと。

フォーエバーリビングプロダクツでは30周年記念キャンペーン効果で前年と比べて5.5%増。

フォーデイズは、13期連続増収と好調を維持しているそうで、すごいですね。

昨年11月に発売された「ムーサ LU セラムvi」がヒットしているとのこと。

元気を取り戻してかたmlm業界(世界)。

この流れに私も乗りたいと思います!!

 

私が展開しているmlmに関心がある方へ。

完全在宅、インターネットで進めるSOHO型ビジネスです。

特に家族思いの女性のあなたにこそおすすめです。

詳細はこちら

↓↓↓↓↓

【 クリック→ 】育児と家事の合間に賢く行う副業はmlmです






タグ

mlm 法律 Tipsまとめ

 

mlm法律と言えば、特定商取引法です。

特定商取引法において、訪問販売、通信販売、電話勧誘販売、連鎖販売取引等

販売形態ごとに規程されています。

で、第三章の「連鎖販売取引」の箇所がmlm関連です。

 

 mlm 法律

 

【特定商取引法 第三章 連鎖販売取引】

第三十三条(定義)

第三十三条の二(連鎖販売取引における氏名等の明示)

第三十四条(禁止行為)

第三十四条の二(合理的な根拠を示す資料の提出)

第三十五条(連鎖販売取引についての広告)

第三十六条(誇大広告等の禁止)

第三十六条の二(合理的な根拠を示す資料の提出)

第三十六条の三(電磁的方法による広告の提供を受けることを希望しない旨の意思の表示を受けている者に対する提供の禁止)

第三十七条(連鎖販売取引における書面の交付)

第三十八条(指示)

第三十九条(連鎖販売取引の停止等)

第四十条(連鎖販売契約の解除等)

第四十条の二

第四十条の三(連鎖販売契約の申込み又はその承諾の意思表示の取消し)

 

法律は、難しく書かれていますが、簡単に言うと以下のようになります。

○ウソで勧誘してはダメ。

○知らせるべき事を知らせない事の禁止。

○勧誘、契約解除の際に、威圧したり困惑させる事の禁止。

○勧誘する事を告げずに、公衆の出入りする場所以外の場所に誘ってはダメ。

○かかる費用を明確にする。

○商品、仕事の内容を明確にする。

○報酬の条件、金額、根拠を明確にする。

○勧誘する人は、氏名、住所、電話番号を明確にする。

○上記について、契約前に書面で交付する。

○20日間のクーリングオフ期間を設ける。

 

mlmを行うなら、特定商取引法 第三章 連鎖販売取引の理解が必須です。

mlmに限らず、生活する上で法律はきちんと守っていくものです!!

 

ところで、あなたはmlm(ネットワークビジネス)にどんな印象をお持ちでしょうか?

そして、mlm(ネットワークビジネス)は、世間では悪いイメージが付きまとっています。

mlm(ネットワークビジネス)は、ねずみ講だよ」って思っている人も多くいます。

被害報告や苦情の相談など、評判の悪い会社が存在するのは真実です。

強引な勧誘、強引な電話をかけてくるmlm(ネットワークビジネス)の会社もあるようです。

友人・知人に勧誘され、断りきれなくて嫌な思いをしている人もいるかもしれません。

しかし、信頼のおける歴史あるmlm(ネットワークビジネス)の会社も多数存在します。

口コミのmlm(ネットワークビジネス)は、セミナーや勧誘するのに時間がかかります。

また、友人・知人をリストアップして、次々勧誘する行為で信頼関係を失いかねません。

口コミのmlm(ネットワークビジネス)は大変です。

精神的に辛いです。

でも、私がやっているmlm(ネットワークビジネス)は違います!!

友人、知人、または知らない人に声を掛けが不要。

セミナーや打ち合わせに参加しなくてよい。

自身のタイトル獲得や維持、アップのランクアップの為に無理な買い込みををする

必要がありません(実際にあるんですよ、無理な買込み)。

自宅が仕事場所。

これまでのmlm(ネットワークビジネス)の常識を大きく変えた成功ノウハウがあります。

私はこの方法で、口コミの時とは比べ物にならないくらい、順調です!

集客はインターネット。

興味のある方に参加して頂けるんです。

無理な、強引な、勧誘は一切行わないmlm(ネットワークビジネス)で、あなたの権利収入を

構築していきませんか?

ここをクリックして下さい。

↓↓↓↓↓

【 クリック→ 】寝てる間にインターネットでダウンを獲得するネットワークビジネス

 



タグ

2014年2月20日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:mlm 法律

mlmって2種類あるって知ってましたか?

 

MLMは、販売型と購買型の2つの種類に分類することが出来ます。

日本での主流は販売型のようですが、MLMの本場アメリカでは、購買型がどんどん

増えてきているようです。

販売型、購買型の2種類について簡単に説明したいと思います。

a0006_002559

 

【販売型】

MLM企業が取り扱っている商品を販売することで組織を拡大していきます。

普通の商売と同じで、自ら仕入れた製品を販売して、仕入れ額と販売額との

差が自分の利益となります。

商品をどれだけ購入して在庫にするか、自分の組織内でどのくらい販売して

いるかなどで、ランクが決まりす。

そのランクによって、仕入れ値が変わったり、特別なボーナスが支給されるのが

一般的です。

この方式は、口コミがメインとなります。

人と話すのが好き、話しが上手いなど、人と接するのが好きな方には向いている

と思います。

もし、そうでないなら、商品が捌けず、大量の在庫を抱えることとなります。

結局は、商品が大量に残る、借金が増えるといったことが起こりえます。

コンビニなどのフランチャイズと同じだと思って下さい。

自分の力で売る!

そうでないと収益にはなりません。

その事をしっかりと把握したうえで取り組むようにしましょう。

 

【購買型】

簡単に言えば、在庫を持たないMLMです。

自分で使用する商品を購入するだけで、MLMビジネスに参加できます。

ビジネス会員になるために最低購入額の定められているようです。

その金額は、月に数千円から数万円くらいまで様々なようです。

自分の愛用している商品を他人に紹介して、会社から買ってもらうことで、

紹介手数料が発生するというシステムになっています。

アフィリエイトととても似ています。

自分は愛用している商品を紹介するだけで、直接は販売することはありません。

なので、在庫を持つ必要がありません。

販売型に比べ、低リスクです。

その為、アメリカでは購買型が人気が高まってきているようです。

日本も徐々にこういった企業が増えるかと思います。

始めやすいということは、途中で辞めてしまう人も多いというデメリットもあります。

しかし、個人が副業で始めるなら購買型がオススメだと思います。

 

あなたなら、どちらの種類を選択しますか?

ちなみに私が、今、行っているMLMは日本では珍しい購買型です。

その前は、販売型のMLMを行っていたのですが、口コミでことごとく

失敗し、大量の在庫を抱えて、辞めてしまった過去があります(^^ゞ

でも、今は在庫を気にせず、口コミのない現在のMLMを行っています。

で、現在、順調に進んでいます!

興味のある方は、こちらをクリック!!

↓↓↓↓↓

【 クリック→ 】私、子供のために会社やめました。でも、収入は大丈夫です


タグ

2014年2月12日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:mlm 種類